いつだってマイナス

年収300万、奨学金を完済した30代の徒然日記。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年05月
ARCHIVE ≫ 2017年05月
      
≪ 前月 |  2017年05月  | 翌月 ≫

ADHDを考える

もうすぐ退職予定の後輩にADHD疑惑があります。

私のいる部署は基本毎月同じ仕事の繰り返しをしているのですが、
締切のある経理関係の書類の締め切りを今まで一度も守れた試しがありません。
その上ミスも多いし、忙しい時にウトウトしているのも見かけることも…。

この子はいったいいつになったら改善されるのだろう?
私の指導方法が悪いのか?
やること全部リストアップして、この順番通に間違えないようにゆっくりやってねと
言うしかないのか?などなどいろいろと考えて来ましたが
彼女の行動を調べれば調べるほどADHDである説が有力になって来ました。
一番わかりやすかったのが有名なゆうメンタルクリニックの記事だったのでリンクを貼っておきます。

上記ページに記載のあった判断基準ですが、


hasisakisaki.png


ほぼほぼ後輩にあてはまる。

つい先日は社内の申請書の日付と締切日を空欄で出して来たので
1回目はこの書き方じゃダメだからもう1回見てと本人に返したのですが
2回目に提出して来た時も相変わらず空欄のままだったので、なんで書いてないの?と聞いたら

「書く必要があるかどうか分からなくなってしまいました」

数週間前に普通に日付入れて出してたのに。
今までも何十回とその申請書を書いて私に出して来たのに。

突然の記憶喪失( ゚д゚ )
そもそも日付を書かなくていい理由があるのかっていう…。

以前も似たような記憶喪失事件があったので、
こりゃもうADHD確定だなあと思って家に帰ってからネットで色々調べてみました。

ツイッターのADHDの方のつぶやきで
ADHDにはこういった配慮をしてほしいというのがあったのですが
ADHD前提で入社した場合の人への対処法としては納得できるけど、
健常者として入って来たけど実はADHDでしたという人への対応はどうすればいいのか…。

大手なら障害者雇用とかに切り替えたり出来るかもしれないけど
中小で人手も足りなかったら当然普通の人と同じことを求めざるを得ないわけで。

だから後輩も自分で限界を感じて退職しようと決断したんだろうと思いますが
学生の頃にこういった隠れた障害を見つける方法はないのかなと思いました。
本人も傷つくし、雇った側もダメージを受けるのでなんとかして欲しい…。

ADHDへの理解を深めるために本を注文しました。
本人の退職まであと残り少ないけど、菩薩の気持ちで対応できるように頑張ります。

仕事 | Comments(0) | Trackbacks(-)
 
 
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ